美顔器を使うタイミングとおすすめのプチプラで買える市販ジェル

美顔器を使うタイミングとおすすめのプチプラで買える市販ジェル

美顔器を使うときにジェルを使うのはどうしてなんだろう?

メーカーの専用ジェルってやっぱり高くてせっかく続けたいのに金欠・・

諦めない女子

美顔器コンサルタント

美顔器とセットになっているジェルって必ず使わないとといけないのかな?と疑問に思いますよね。美顔器はたくさんの種類がありますが、美顔器本体だけで使用できるタイプと、本体だけでは使用できず必ず専用のケアアイテムを一緒に使わなければいけないタイプがあります。

美顔器は本体以外に何が必要?

美顔器スキンケア
一般的に人気のある美顔器で必要なアイテムをまとめました。うd

専用ジェル (超音波&イオン導入導出タイプ)
専用クリーム (超音波&イオン導入タイプ)
化粧水 (超音波&イオン導出タイプ)
美容液 (超音波&イオン導入導出タイプ)
精製水 精製水(スチーマータイプ)
専用グローブ 専用グローブ(EMSタイプ)

美顔器のほとんどが、専用のジェルを使用します。

ジェルが無ければ超音波などは肌へ伝わらず効果が出ません。

一番人気の美顔器は「超音波型」のタイプ!

値段もお手ごろで効果も◎!幅広い年代が気軽に失敗ぜずにチャレンジできる超音波系が1番人気!

超音波美顔器の何がいいの?

  • 値段がお手ごろ
  • 幅広い悩みにアタック
  • 刺激が無く簡単に使用できるので安心
  • 通常ではできない肌内部へアタックできる

 

超音波を肌に浸透させ、肌の保護のための専用ジェルが必要です。

また美顔器によっては使用後に専用の化粧水などが必要場合もあります。またEMS(小顔・引き締め)タイプの美顔器は電波を顔に伝えるために専用のグローブなどが必要です。

スチーマータイプは精製水(薬局などで販売しています)の変わりに普通の水でも代用可能。

ジェルを使わないとどうなる?

スチーマー以外の美顔器はそれぞれ決まった専用のスキンケアやアイテムがあります。家庭用に販売されている美顔器の約9割は“ジェル”を使います。

このスキンケア類は美顔器の効果とともに肌の内部に深く入り込み、そのポイントでもしっかりと効果を発揮することができ、狙った効果が発揮できるのです。

専用ジェル以外でも代用できるものはあります。

プチプラジェルや市販の物では成分などで美顔器に使えるものは限られています。

節約のためにジェルを手作りしたり、ドラッグストアで安いジェルを購入される方もいますが、それではせっかくの美顔器効果は半減します。

またジェルなしで使用すると肌がダメージを受けてしまいますので要注意です。

市販のスキンケアで代用できるものはある?

美顔器の効果を最大に得たいのであればその美顔器とセット販売されているジェルなどスキンケアを使わなければいけません。

でもお金が続かなくてジェル購入できないけど、美顔器は使い続けたいという人には薬局やドラッグストアなどで購入できるジェルで代用しましょう。

美顔器に使えるのはこんなジェル!おすすめの市販ジェルまとめ

専用のケア用品を使う最大のメリット

断然効果が違ってきます。

各メーカーの美顔器にはそれぞれ特徴があり、その特徴を肌で発揮させるために様々な成分を配合して作られ手いる専用のスキンケア製品やジェルなどがあります。

肌内部にしっかり入り込むように成分が調整されて美顔起用に作られているものがほとんどですので、専用の製品をしっかりと使うことで肌の奥深くから美白・シミ改善・たるみ改善・シワ改善の大きな効果をスピーディーに得ることが可能なのです。

イオン導入系の超音波美顔器のはジェルで効果が決まる!


イオン導入超音波型の美顔器はとても人気が高く、利用者も多い美顔器ですがイオン導入型は文字通り美容液を肌に浸透させることで効果が得られる美顔器です。

この際に市販製品や専用のもの以外を利用した場合、肌への浸透率が極端に下がってしまい得られる効果は非常に低くなってしまいます。ケチらずにしっかり専用ジェルを使うことをオススメします。

美顔器を使う正しいタイミング

美顔器は正しいタイミングで使用しないと、肌荒れの原因になりますので注意しましょう!

必ず洗顔・クレンジングを済ませた後に行う


どの美顔器利用時にも共通するのが、美顔器を使用する前にメイクをしっかり落としておく(クレンジングしておく)こと!

メイクをしていない場合でも洗顔はしっかりとして余分な汚れを落としておくことが重要です。

美顔器の効果が浸透しやすくなったり、毛穴に詰まった深い汚れなども浮かして落とすことができるんですよね!

諦めない女子

美顔器コンサルタント

その他にもビタミンCや美白成分もより肌に浸透しやすくなったり、様々なプラス効果も得られますのでしっかりと洗顔・クレンジングは済ませておきましょう

 

このとき専用のジェル他ケア用品(市販であれば水溶性で水分含有量の多いもの)だとさらに効果的。美顔器を使う際に本体と肌、ジェルの間に余分な空気を含まないようにすることでさらに伝導力が高まり効果が出やすくなります。

 

リラックス効果があるので疲労を感じた日に行う

美顔器には顔の筋肉をほぐす効果があったり、ジェルにも肌や筋肉へのリラックス効果を感じることができます。

ジェルはたっぷりと使用することでなめらかで、とても気持ちマッサージができひんやり感で、心もお肌も日ごろの疲れを癒すリラックス効果を得ることができます。

 

半身浴や入浴後に行う

美顔器は入浴後に使用するのが1番効果的といわれています。

特に半身浴や湯船に使った後に使用することで毛穴がしっかり開き奥に溜まっていた汚れや肌全体のくすみも改善しやすくなります。

また顔全体の今日常勤がリラックスしてほぐれている状態での美顔器は更に高い効果が得やすいといわれています。

入浴後1時間以内に美顔器を行うのがベスト!

こんな使い方はNG!間違った美顔器の使い方

 

美顔器に使うジェルの選び方が間違っている

美顔器に使用するジェルのお話は記事上部でもお話しましたが(詳しくはこちらの記事で解説しています。)美顔器に使用できるジェルは不純物や香料をはじめとする様々な成分が効果の邪魔になってしまう場合があります。

ときに超音波やイオン導出入タイプの美顔器は使用するジェルに不純物が不純物やオイル(ホホバオイルやアルガンオイル、シアバターなどの保湿成分も)がはいっていて入るものはNG!

正しく美顔器の効果が出るものを選ばなければいけません。

 

シワやたるみ、ほうれい線におすすめのジェル成分

シワやたるみほうれい線には「プラセンタ」や「コラーゲン」肌の弾力を再生するといわれている「エラスチン」が配合されているジェルを選ぶことで相乗効果を得ることが期待されます。

コラーゲン(ドイツ語: Kollagen、英語: collagen)は、主に脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている
引用:wikipedia>コラーゲンとは 

→コラーゲンが豊富で美顔器におすすめジェルKIUモイスチャーゲルへ

 

 

 シミやくすみにおすすめのジェル成分

シミやくすみには、「アルブチン」や「ビタミンC誘導体」といった美白成分が配合されたジェルを選ぶことで、通常のスキンケアよりも有効成分が肌へと届く効果が期待できます。

アルブチン (arbutin) はコケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている天然型フェノール性配糖体である。シキミ酸経路から合成され、加水分解によりヒドロベンゾキノンとなる。
メラニン合成に関わるチロシナーゼに直接作用し、メラニンの合成を阻害するため、美白効果があるとして、化粧品などに使用されている
引用;wikipedia>アルブチンとは

ビタミンC誘導体(ビタミンシーゆうどうたい)とは、生体内で酵素反応によりビタミンCとなるもの。誘導体化によって生体外での安定化および生体内への吸収率向上のメリットがある。ビタミンC(L-アスコルビン酸)である。ビタミンCは強力な抗酸化作用があるが、そのままのビタミンCは不安定で分子構造が壊れやすい。また、皮膚は水溶性の物質を弾く作用が強いので、皮膚に浸透しやすいように合成された化合物である。美容を目的とした皮膚科学で応用されているほか、食品添加物としても検討されているものもある。直接利用するほかケミカルピーリングを行った後に塗布することでも利用される。
引用:wikipedia>ビタミンC誘導体とは

→シミくすみにおすすめのホワイトニングリフトケアジェルへ

使用するジェルの量が少ない

ジェルがどんどん減っていくと、ついつい「少なめでやろうかな・・」思いがちですが、ジェルの量を少なく使うと肌を痛めたり、美顔器本来の効果は発揮されなくなります。

ジェルの使用量はきちんと守るようにしましょう!

使用頻度が多すぎるor使う時間が長すぎる

美顔器を購入する人は悩みを抱え綺麗になりたいという思いから購入するので、ついつい正しい使用頻度よりも多く(長く)しようしてもっと綺麗に!とおもいがちですが、それは実は逆効果なんです。

それぞれの美顔器には効果を最大に得るための使用頻度と使用時間が設定されいます。美顔器のやりすぎは肌への負担が大きくなり、皮膚のただれや湿疹などのトラブルを引き起こす場合もあります。

美顔器を押し当てすぎている

美顔器に力が入りすぎてしまったり(私もよくあります)肌に押し当てすぎるのもダメです。

美顔器をしていると夢中になりつい自然と力が入っていてグイグイと強い力でマッサージしてしまっていることがありますよね。。
実は美顔器は必要以上に力を入れてマッサージすることでも、肌への負担(摩擦でのシワ、たるみ)となる場合もあります。

美顔器を行うときには、下から上へ↑お顔のお肉と皮膚を持ち上げるように柔らかく、動かす速度も早すぎずにお手入れすることが大切です。また、同じ場所に長時間当て続けるのはNGですので注意しましょう!(肌荒れややけど)になります。

洗顔せずに美顔器を行う

美顔器を使うときはお顔は清潔な(スキンケアもしない)状態でなければいけません。お化粧をしていない日でも皮脂や知らず知らずのうちについたほこりや汚れを巻き込みマッサージすることで肌のトラブルの原因になります。

 

美顔器を使うときの注意点とまとめ

美顔器コンサルタント

各美顔器メーカーの公式サイト、美容サイト、大手スキンケアサイトなどをチェックしてもやっぱり美顔器に合った専用のジェルがほぼ必須ということが分かりました。

美顔器コンサルタント

また手作りやドラッグストアなどで購入したテクスチャーが似ていて美容効果のあるジェルを利用してみたら使用後から肌がピリピリしてしばらく治らなかったという口コミや、かぶれてしまったという意見も多数ありましたのでジェルを別途探す際はしっかりとした成分のチェックを行ってから購入するように心がけましょう!
覚えておきたい美顔器の上手な使い方

①専用アイテムの使用がベスト
②洗顔&クレンジングは事前にしっかり行う
③洗顔後すぐ美顔器利用で効果増
④イオン導入タイプは必ず専用ジェル
⑤ジェル代用は肌トラブルに注意